Beautiful smiling

原因について

Pretty girl

プルプルに潤っている唇に憧れて、自分で色々とケアをしていても、思ったように改善されない…なんてことはありませんか?
もしかすると、あなたが毎日行っているケアは間違っている可能性があります。間違ったケアをしていても一向によくならないのは当たり前ですよね。
ここでは、知らず知らずのうちに唇を乾燥させてしまっている習慣について紹介します。

・何度もリップクリームを塗ってしまう
唇が乾燥していると、気づいた時に何度もリップクリームを塗ってしまう人がいます。何度も塗ってしまうと唇が傷ついてしまいます。

・舐める
リップクリームが手元にない時、唇が乾燥していると、ついつい舐めてしまう…。そんな人は多いです。しかし、これも乾燥を招いてしまいます。舐めることで水分が蒸発しやすい状態になります。何度も繰り返すことで、症状が悪化する恐れもあるので舐めすぎ内容にしましょう。

・刺激物の摂取
コーヒー、辛いもの、ジュースなどの唇への刺激があるものを好んで摂取している場合には乾燥しやすいです。唇のバリア機能は弱いので、出来るだけ刺激を与えないように心がけるようにしましょう。

・口で呼吸
口で呼吸することで、唇が乾燥しやすくなります。息で水分が唇に付着するものの、すぐに乾かす行為を繰り返していることになるので症状を進行させてしまいます。口呼吸が癖になっているという場合や鼻づまりで鼻呼吸が出来ないという場合にはマスクを着用するようにしましょう。

いかがでしょうか?あなたも、気づかないうちに自分で唇を乾燥させていませんか?
上記の習慣をしている…ということであれば、今からでも改善していくように心がけましょう。